私が風俗に通う理由…

息抜きとして風俗は最高です

息抜きとして考えると、風俗は最高のものなんじゃないかなと。他に良い息抜きがあったら教えて欲しいくらいです。人としてではなく、男としてと考えると、風俗以上のものはないと断言出来ますよね(笑)人としての息抜きなら温泉とかマッサージとかいろいろとあるじゃないですか。でも、男として息抜きをって考えたら、やっぱり女の子の存在が何よりも大切になるじゃないですか。しかもただ話すだけじゃなくて、抜いてもらった方がそれなりに満足感が高まりますよね。そう考えると、風俗は性的なサービスと言うだけではなく、リラクゼーションとしても最高のものなんじゃないかなって思いますね。それくらい風俗は特別なんです。自分もまさかここまで風俗にハマるとは思っていなかっただけに、本当に驚きですけど、欲求不満でムラムラしている時やイライラしている時、解決出来るのは風俗だけです。つまりは風俗は唯一無二のサービスと言っても決して大げさではないんじゃないかなって。

無欲が案外いいのかもしれない

あれもしたいこれもしたい…。たまに風俗を楽しむ時くらい、いろいろと夢を見てしまうのは当たり前だと思うんですけど、最近は無欲で風俗を利用するようになりましたね。無欲というと語弊があるかもしれないんですけど、あまり期待値を高めないというか、取り敢えず女の子と同じ部屋にいる。それだけであとはその日の展開次第って思うようにしているんですけど、「無欲の勝利」なんて言葉もあるように、かなり勝率は高いです。無欲だから普通のプレイでも「勝利」としてカウント出来るって話なのかもしれないんですけど、あまり期待値を高めないおかげで、どんな風俗嬢との時間でも楽しいって思えるようになってきたんですよね。夢を見てしまうのも分かるというか、自分もかつてはそうだったんですよ。でも、あまり期待値を高めすぎてしまうと普通に良い風俗嬢相手であっても、高めすぎた期待値とのギャップで「イマイチ」みたいに思ってしまうので、それは勿体ないなと。