私が風俗に通う理由…

守ってあげたくなる風俗嬢は初めて

これまでいろんな風俗嬢と楽しんできましたけど、前回の子は初めてのタイプですね。守ってあげたくなるタイプとでも言うんでしょうか。男の中の母性本能をくすぐる、そんな風俗嬢だったんですよ。なんとなくですけど、彼女は幸薄そうなんですよね(苦笑)物凄く美人なんです。でも人生あまり楽しんでいなさそうというか、彼女を見ているとほっておけないというか。もちろん自分が勝手に思っているだけですけど、やたらと執着心を刺激させられる女の子だったので、プレイの間だけでも彼女を守る。そんな妙な気持ちになっちゃいましたね(笑)でも、そのおかげで臨場感があってとっても楽しめました。風俗嬢とではなく、セフレとでも楽しんでいるかのような気持ちを味わえたのは、やっぱり彼女のあの雰囲気があるからこそなんじゃないかなって思いましたしね。とっても楽しかったのは言うまでもありませんけど、自分の中でいろいろな気持ちになった一戦となりましたね。

是々非々だと思っていましたけど…

風俗は是々非々というか、風俗そのものは素晴らしいんですけど、遊ぶ時は自分の都合のことも考慮しなければならない。それが当たり前だと思っていたんですけど、そうでもないのかなって(笑)いろんな意味で自分に余裕を持っている時にしか遊べないなって思っていたんですけど、実際にはそうでもないのかなってことに気付くようになって来たんです。それは風俗がというか、デリヘルがと言った方が良いのかもしれません。どれだけ忙しい時であってもデリヘルならそこまでの負担にならないんですよね。相手が来てくれる以上、こっちとしてもそこまでの負担になっている訳ではないってことに気付かされたんですよ。自分ではもっと大きな負担かなって思っていたんですけど、そうでもないですね(笑)だからデリヘルなら別にいつでも楽しめるんじゃないかなってことにも気付かされたんですよね。忙しい時でも寝る前の小一時間くらいで遊べちゃうんです。それなら特に問題ないんじゃないかなと。